ピロソケレウス・レウコケファルス

Pilosocereus leucocephalus cv.

Pilosocereus leucocephalus cv.

メキシコ南部から中央アメリカのグアテマラやホンジュラスに分布して
います。荒れ地などに生え、高さは6メートルほどになります。茎は柱
状で、7〜14個の稜があり分枝します。稜上には中心に1個の濃褐
色の棘と、周りに8〜12個の淡褐色の棘があります。花が成長する
部分には、白い毛が密に生えます。これは偽頭(Pseudo-cephalium)と
呼ばれるようです。長さ8センチほどの、白色から淡いピンクの漏斗
形の花を咲かせます。形態的な変異が多い種で、写真は「キンゲラ
イオン(金毛ライオン)」と呼ばれる園芸品種です。
サボテン科ピロソケレウス属の柱サボテンで、学名は Pilosocereus
leucocephalus。英名は Wooly torch, Old man cactus。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年02月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp