ピーマン

Capsicum annuum var. grossum

Capsicum annuum var. grossum

Capsicum annuum var. grossum

Capsicum annuum var. grossum

Capsicum annuum var. grossum

Capsicum annuum var. grossum

Capsicum annuum var. grossum

熱帯アメリカが原産の「とうがらし」の一品種群です。「とうがらし」の
ような辛味がなく、野菜として食用にされる品種です。高さは60セン
チほどになり、葉は広楕円形から狭楕円形で長い葉柄があります。
花は白色で、大きな果実をつけます。名前は、フランス語で「とうがら
し」を意味する「ピマン(Piment)」からです。最近では、大型で赤色や
黄色、オレンジ色の「パプリカ(Paprica)」と呼ばれる品種も流通して
います。
ナス科トウガラシ属の多年草で、学名は Capsicum annuum var.
grossum。英名は Bell pepper, Green pepper, Pimento。
Bell pepper belongs to Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial
herb that is a cultivar-group of Pepper. Bell pepper has not a pepper-like
hot flavor and used as a vegetable. This herb can reach about 60 cm in
height. The leaves are broad elliptic to narrow-elliptic with long petioles. Its
flowers are white and bear large fruits. The large red, yellow or orange
paprica (Hangarian - red pepper) starts to appear.
[上・中1〜2] 長野県松本市奈川保平にて、2005年10月20日撮影。
[中3] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中4] 千葉県香取市大角にて、2010年07月19日撮影。
[中5・下] 同上にて、2010年08月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp