ピメレア・ロセア [Index] [Back]

Pimelea rosea

Pimelea rosea

Pimelea rosea

オーストラリアの南西部に分布しています。海岸砂丘や海岸平野などに生え、高さは30〜100センチになります。房咲きの花はピンク色から赤色、紫色で、春に咲きます。
ジンチョウゲ科ピメレア属の常緑小低木で、学名は Pimelea rosea。
英名は Rose banjine。
Rose banjine (Pimelea rosea) belongs to Thymelaeaceae (the Akia family). It is an evergreen shrub that is native to southwestern Australia. This shrub are erect and grows in coastal sand dunes and planes, and can reach 30-100 cm in height. The multiflorous flowers are pink, red or puple, and bloom in spring.
茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp