ピンポンのき(ピンポンの木)

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

Sterculia nobilis

中国の南部が原産で、台湾からインドシナ、インドに植栽されています。高さは6〜12メートルになり、大きな楕円形の葉が互生します。4月から5月ごろ、円錐花序を下垂させ、白い竹細工のような花を咲>かせます。果実には1〜5個の黒色の種子が入っていて、食用にされます。 
アオギリ科ピンポンノキ属の常緑高木で、学名は Sterculia nobilis。英名は Ping-pong。 
Ping-pong (Sterculia nobilis) belongs to the family Sterculiaceae. It is a tall evergreen tree that is native to southern China. Today, it is planted in Taiwan, the Indo-China Peninsula and India. This tree can reach 6-12 m in height, and the large elliptic leaves are arranged in opposite. The drooping panicles are borne and bloom white, bamboo-wares like flowers from April to May. The fruit contents 1-5 black seeds and is used as a food. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。
[中3] 同上にて、2004年01月23日撮影。
[中7〜8・下] 同上にて、2017年09月15日撮影。
[中2] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、2005年02月26日撮影。
[中4] 同上にて、2006年11月15日撮影。
[中5・中6] 千葉県東庄町舟戸にて、2010年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp