パイナップルミント

Mentha suaveolens var. variegata

Mentha suaveolens var. variegata

Mentha suaveolens var. variegata

Mentha suaveolens var. variegata

ヨーロッパから西アジアに分布する「アップルミント(M. suaveolens)」
の交雑種です。葉は卵形で、白色またはクリーム色の斑が入り、軟
毛が生えています。かすかなパイナップルの香りがあり、ハーブティ
ーやビネガー、魚料理などに利用されます。7月から9月ごろ、茎の
先端に穂状花序をだし、小さな白い花を咲かせます。
シソ科ハッカ属の常緑多年草で、学名は Mentha suaveolens var.
variegata。英名は Pineapple mint。
Pineapple mint (Mentha suaveolens var. variegata) belongs to Lamiaceae
(Mint family). It is an evergreen perennial herb that is a variety of Apple
mint (M. suaveolens). The leaves are ovate and have white or cream
mottles. They are covered with soft hairs. The plants have a flavor of
pineapple and used for herbal tea, vinegar or fish dish. The spikes are
borne on the stem apices and bloom small white flowers from July to
September.
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年07月23日撮影。
[中2] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2005年11月18日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp