パイナップルセージ

Salvia elegans

Salvia elegans

Salvia elegans

Salvia elegans

Salvia elegans

Salvia elegans

メキシコおよびグアテマラが原産です。標高が2400〜3000メート
ルの高地の低木帯に自生し、高さは1〜1.5メートルになります。葉
には「パイナップル」にそっくりの香りがあります。多くのミントと同じよ
うに茎は四角で、淡い緑色の軟らかい葉は対生します。夏の終わり
から秋にかけて、ルビー色の筒状花を咲かせます。
シソ科アキギリ属の常緑小低木で、学名は Salvia elegans。
英名は Pineapple sage。
Pineapple sage (Salvia elegans) belongs to Lamiaceae (Mint family). It is an
evergreen shrub that is native to Mexico and Guatemala. This herb occurs
in highland mallees 2400-3000 m elevation and can reach 1-1.5 m in
height.The stem is quadrangular. The leaves are pale green, opposite and
smell like pineapple. The spikes are borne and bloom ruby tubular flowers
from late summer to fall.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年10月25日撮影。
[中1・中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年11月05日撮影。
[中3・中4] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp