ピペル・アウリツム [Index] [Back]

Piper auritum

Piper auritum

メキシコが原産です。葉は心形でベルベットのような質感、芳香があり長さは30センチ以上になります。英名(Hoja santa)は、スペイン語で聖なる葉を意味します。また「メキシカンペッパーリーフ」とも呼ばれます。葉はメキシコ料理のタマーレスに使われます。
コショウ科コショウ属の常緑多年草で、学名は Piper auritum。英名は Hoja santa。
Hoja santa belongs to Piperaceae (Pepper family). It is an evergreen perennial herb that is native to Mexico. The leaves are aromatic, heart-shaped, velvety and can reach up to 30 cm long. Hoja santa means 'sacred leaf' in Spanish. It is also called 'Mexican pepper-leaf'. This herb is often used to Mexican cuisine for tamales.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp