プランタゴ・アルピナ [Index] [Back]

Plantago alpina

Plantago alpina

ヨーロッパの山地、アルブスやアペニン、ピレネー山脈に分布しています。標高3000メートル以下の、草地やたまに岩礫地などに生え、高さは5〜15センチになります。葉は線形で柔らかくて薄く、3脈があります。7月から8月ごろ、狭い穂状花序に緑白色の花を咲かせます。
オオバコ科オオバコ属の多年草で、学名は Plantago alpina。
英名は Alpine plantain。
Alpine plantain (Plantago alpina) belongs to Plantaginaceae (the Plantain family). It is a perennial herb that is native to European mountains; the Alps, Apennine and the Pyrenees mountains. This herb grows in medows, sometimes screes, to 3000 m elevation, and can reach 5-15 cm in height. The leaves are soft, thin, linear and three-veined. The flowers are whitish-green and bloom in narrow spikes from July to August.
スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp