プレクトランツス・オルナツス

Plectranthus ornatus

Plectranthus ornatus

Plectranthus ornatus

Plectranthus ornatus

アフリカ東部のエチオピアからタンザニアが原産です。茎の基部か
らよく分枝して、高さは30センチほどになります。葉は倒卵形から広
倒卵形で、縁には円鋸歯があります。葉は伏毛に被われ、不快な臭
気があります。一年を通じて穂状花序をだし、青みがかったふじ色の
花を咲かせます。上唇には、濃い斑紋があります。
シソ科プレクトランツス属の多年草で、学名は Plectranthus ornatus。
英名は Dog's bane。
Dog's bane (Plectranthus ornatus) belongs to Lamiaceae (Mint family). It is
a perennial herb that is native to eastern Africa; Ethiopia to Tanzania. This
herb is branching freely at the base and can reach about 30 cm in height.
The leaves are obovate to broad-obovate with crenate margins. They are
covered with appressed hairs and unpleasantly aromatic. The spikes are
borne and bloom blue-mauve flowers throughout year. The corolla has
dark mottles on the upper lip.
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年11月10日撮影。
[下] 同上にて、2002年11月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp