プルメリア (インド素馨)

Plumeria sp.

Plumeria sp.

Plumeria sp.

Plumeria sp.

Plumeria sp.

Plumeria sp.

メキシコからパナマにかけてが原産です。現在では、温暖な地域に
広く植栽されています。高さは7〜8メートルになり、長楕円形から披
針形の葉は皮質で光沢があります。花は大きくて芳香があり、種に
よって白色から黄色、ピンク色、赤色まで変化があります。ハワイで
はレイに使われます。
キョウチクトウ科プルメリア属の常緑小低木で、学名は Plumeria sp.。
英名は Frangipani, Temple tree。
Frangipani belongs to Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small
evergreen tree that is native from Mexico through Panama. Frangipani is
planting widely at warm areas nowadays. This tree can reach 7-8 m in
height. Leaves are elliptic to lanceolate, leathery and glossy. Flowers are
large, scented and white or yellow or pink or red color. Frangipani flowers
are often used in Hawaiian leis.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2007年02月03日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] オーストラリア・シドニー市「パームビーチ」にて、
2006年03月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] シンガポール「シンガポール植物園」にて、
2000年08月31日撮影。
[中4] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[下] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp