プルメリア・ルブラ (インド素馨)

Plumeria rubra

Plumeria rubra

Plumeria rubra

メキシコからパナマにかけて分布しています。現在では、温暖な地域で広く植栽されています。高さは7〜8メートルになり、長楕円形から披針形の葉は革質で光沢があります。花は白色の地にピンクや黄色の陰影がはいります。5裂した花冠の咽は黄色です。花には芳香があり、ハワイではレイを作るのに使われます。 
キョウチクトウ科プルメリア属の常緑低木で、学名は Plumeria rubra。英名は Frangipani、Temple tree。 
Frangipani (Plumeria rubra) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small evergreen tree that is distributed from Mexico to Panama. It is now widely planted in the temperate areas. This tree grows up to a height of 7-8 m. The leaves are oblong to lanceolate, lethery and shiny. The flowers have pink or yellow shadows on the white ground, yellow throat and five partite tips. Flowers have fragrances, and they are used to make Lei (garland) in Hawaii. 
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年08月29日撮影。
[下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2003年06月27日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp