ポイズンオーク [Index] [Back]

Rhus diversilobum

Rhus diversilobum

Rhus diversilobum

Rhus diversilobum

Rhus diversilobum

Rhus diversilobum

北アメリカの西部に分布しています。森林や林地、草原、低木の茂みなどに生えます。この植物は、その生育の習性や葉の形状に、特に際立った変化があります。開けた直射日光が当たるところでは、高さ0.5〜4メートルの高い潅木となり、日の当たらない深い潅木帯では、長さ3〜9メートルほどの木質の蔓になったりします。葉は3出複葉で、オークのような小葉です。葉の縁は波形や鋸歯になったり、分裂したりします。春、3月から6月ごろに、白色の花を咲かせます。果実は緑白色または黄褐色の液果です。この植物にうっかりと触ると、皮膚かぶれを起こします。
ウルシ科ウルシ属の落葉蔓性木本で、学名は Rhus diversilobum (syn. Toxicodendron diversilobum)。英名は Pacific poison oak、Western poison oak。
Pacific poison oak (Rhus diversilobum) belongs to the family Anacardiaceae (the Sumac family). It is a deciduous woody vine that is native to western North America. This vine grows in forests, woodlands, grasslands, and chaparrals. It is extremely variable in growth habit and leaf appearance. It grows as a dense 0.5-4 m tall shrub in open sunlight, a treelike vine 3-9 m long, as dense thickets in shaded areas. The leaves are divided into 3 oak-like leaflets with scalloped, toothed, or lobed edges. The white flowers bloom in the spring, from March to June. The fruits are greenish-white or tan berries. This vine can give you a skin irritation if you touch it accidentally.
アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp