ポンテデリア・コルダータ (長葉水葵)

Pontederia cordata

Pontederia cordata

Pontederia cordata

Pontederia cordata

Pontederia cordata

Pontederia cordata

北アメリカの東部に分布しています。池沼の浅瀬に生え、高さは60〜90センチになります。「ほていあおい」の仲間ですが、根茎があります。根茎から葉柄を伸ばして1個の葉をつけます。5月から10月ごろ、穂状花序をだし淡い青紫色の花を咲かせます。この小さな花は一日で萎みます。和名では「ながばみずあおい(長葉水葵)」と呼ばれます。写真中4・下は、変種の「ほそながばみずあおい(細長葉水葵)」と表示されていましたが、ここでは本種のシノニムという見解をとっています。
ミズアオイ科ポンテデリア属の多年草で、学名は Pontederia cordata(syn. Pontederia cordata var. lancifolia)。英名は Pickerelweed。
Pickerelweed belongs to the Pontederiaceae family (the Pickerelweed family). It is a perennial herb that is native to eastern North America. This herb grows in shallow waters of ponds or bogs and can reach 60-90 cm in height. It is related to water hyacinth, though it has a rootstalk. The rootstalk sends out one leaf with long petiole. The spikes are born and bloom pale bluish-purple flowers from May to October. The flowers last one day. We follow the opinion that Pontederia cordata var. lancifolia is a synonym of Pontederia cordata.
[上・中3] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2006年06月21日撮影。
[中4・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp