ポンドアップル (犬番茘枝)

Annona glabra

Annona glabra

Annona glabra

Annona glabra

西インド諸島からアメリカのフロリダ半島に分布しています。沼沢地
や湿地などに生え、高さは5〜15メートルになります。葉は革質で楕
円形、互生します。葉腋に淡黄白色の花を咲かせます。果実は扁球
形の核果で、果肉は酸味と特有の香りがあり、生食されたりゼリー
やワインに加工されます。同じ仲間の「チェリモヤ」や「シュガーアップ
ル」などに比べて味は劣ります。和名では「いぬばんれいし(犬番茘
枝)」と呼ばれます。
バンレイシ科バンレイシ属の常緑小高木で、学名は Annona glabra。
英名は Pond apple, Alligator apple。
Pond apple (Annona glabra) belongs to Annonaceae (the Custard apple
family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to the West Indies and
the Florida Peninsula. This tree grows in marshes and bogs, and can reach
5-15 m in height. The leaves are leathery, elliptic and alternate. The pale
yellowish-white flowers bloom in the axils. The fruits are compressed ovate
drupes. The fleshes have an acid taste, characteristic scent and they are
used for raw diet, the raw material for jerry or wine. They are worse taste
than Cherimoya and Sugar apple.
[上・中1] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中2・下] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2006年11月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp