ぽんかん (椪柑)

Citrus reticulata

Citrus reticulata

インドの北部が原産です。わが国へは、明治時代の中頃に渡来しま
した。本格的な栽培が始まったのは昭和時代になってからです。高さ
は4メートルほどになり、5月ごろに白色の5弁花を咲かせます。果
実は黄橙色で、果肉は多汁で甘みが強く香りが良いので生食に利用
されます。また果汁は、「ウンシュウミカン」の香り付けにも使われま
す。
ミカン科ミカン属の常緑低木で、学名は Citrus reticulata。
英名は Mandarin Orange, Tangerine。
静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、2004年02月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp