ポテンティラ・アウレア [Index] [Back]

Potentilla aurea

Potentilla aurea

Potentilla aurea

ヨーロッパの中部から南部に分布しています。標高1400〜2600メートルの草地や茂みに生え、高さは5〜30センチになります。全体に粗毛に被われます。葉は5出複葉で、小葉は長楕円形です。6月から8月ごろ、茎頂に緩い花序をだし、鮮やかな黄色い花を咲かせます。花冠の中心部にはオレンジ色の斑があります。
バラ科キジムシロ属の多年草で、学名は Potentilla aurea。
英名は Golden cinquefoil。
Golden cinquefoil belongs to Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native to central and southern Europe. This herb grows in grasslands or thickets 1400-2600 m elevation and can reach 5-30 cm in height. The plant is hirsute, and the leaves are pentafoliolate with oblong leaflets. The lax inflorescences are borne on the stalks and bloom golden-yellow flowers with orange center from June to August.
[上] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp