ポテンティラ・フロリブンダ [Index] [Back]

Potentilla floribunda

Potentilla floribunda

Potentilla floribunda

Potentilla floribunda

北アメリカやヨーロッパ南部、中央アジアに分布しています。山の麓や山地、草原などに生え、高さは30〜90センチになります。また観賞用としてよく植栽されています。茎は細長く、伸びると優しく弓なりになります。葉は、5個または7個の線状長楕円形の小葉に分かれています。花は淡黄色から明るい黄色で直径2〜3センチ、6月から10月ごろまで咲きます。果実は痩果で、長い毛に被われています。
バラ科キジムシロ属の小低木で、学名は Potentilla floribunda (syn. Dasiphora fruticosa ssp. floribunda)。英名は Shrubby cinquefoil。
Shrubby cinquefoil (Potentilla floribunda) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous shrub that is native to North America, southern Europe and central Asia. This shrub grows in foothills, mountains or meadows, and it can reach 30-90 cm in height. It is also commonly planted as an ornamental plant. The stems are long, slender and arch gently as they elongate. The leaves are divided into five or seven pinnate linear-oblong leaflets. The flowers are pale to bright yellow flowers, 2-3 cm across, and they bloom from June to October. The fruit are achenes covered with long hairs.
[上・中1] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] アメリカ・オレゴン州ユージーン市にて、
2013年06月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp