プリムラ・アウリクラ [Index] [Back]

Primula auricula

Primula auricula

ヨーロッパの中部、アルプスからバルカン半島、カラパチア山脈に分布しています。標高300〜2900メートルの山地草原や岩場に生え、高さは5〜20センチになります。葉は倒卵形で多肉質、すべて根生でロゼットを形成します。春に花茎をのばして偏側生の散形花序をだし、黄色い花を咲かせます。
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula auricula。
英名は Auricula、Bear's ear。
Auricula (Primula auricula) belongs to Primulaceae (Primrose family). It is a perennial herb that is native to central Europe; Alps, Balkan, Carpathians. This herb occurs in montane grassland and rocks 300-2900 m elevation and can reach 5-20 cm in height. The leaves are obovate and carnose, all growing in a basal rosette. The secund umbels are borne on the stalks and bloom yellow flowers in spring.
スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月15日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp