プリムラ・カピタータ

Primula capitata

Primula capitata

Primula capitata

Primula capitata

Primula capitata

ヒマラヤ周辺のブータン、シッキムそれに中国のチベットや雲南省に分布しています。標高2700〜5000メートルの草原に生え、高さは10〜45センチになります。葉は長楕円形で鋸歯があり、細かい毛が生えています。夏に花茎を伸ばして、円錐形の花序に、黄色い目のある青紫色の花を咲かせます。 
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula capitata。
英名はありません。 
Primula capitata belongs to the Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is distributed around the Himalaya, Bhutan, Sikkim, Tibet and Yunnan of China. This herb grows in alpine grasslands at altitudes between 2700 and 5000 m, and can reach 10-45 cm n height. The leaves are oblong, serrated and covered with fine hairs. The flowering stalks are borne in summer. The flowers are blue-purple with a yellow center, and bloom in conical clusters. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年06月11日撮影。
[中2〜3・下] 長野県白馬村「白馬五竜高山植物園」にて、
2016年07月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp