プリムラ・クンゲンシス

Primula chungensis

Primula chungensis

Primula chungensis

Primula chungensis

ヒマラヤ周辺の雲南省からチベット、ビルマに分布しています。標高
2900〜4500メートルの湿地や沼に生え、高さは15〜80センチ
ほどになります。葉は長楕円形から楕円形で、縁には不規則な鋸歯
があります。夏、花茎を伸ばして1〜5段ある散形花序に淡いオレン
ジ色の花を咲かせます。
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula chungensis。
英名はありません。
Primula chungensis belongs to Primulaceae (Primrose family). It is a
perennial herb that is native to around Himalaya, from Yunnan and Tibet of
China to Burma. This herb occurs in swamps or bogs 2900-4500 m
elevation and can reach 15-80 cm in height. The leaves are oblong to elliptic
with irregular toothed edges. The umbels are 1-5 tiered on the stalk and
bloom pale orange flowers in summer.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年09月16日撮影。
[中2・下] イギリス・スコットランド・ネアン州「コーダー城」にて、
2007年06月17日撮影。(photo by Aya Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp