プリムラ・ヒルスタ

Primula hirsuta

Primula hirsuta

Primula hirsuta

Primula hirsuta

Primula hirsuta

Primula hirsuta

Primula hirsuta

Primula hirsuta

ヨーロッパアルプスとピレネー山脈に分布しています。標高2200〜3600メートルの砂礫地に生え、高さは10センチほどになります。葉は卵形から円形で葉柄があり、上部には鋸歯があります。春に花茎をのばして、ピンク色またはレッドローズの花を咲かせます。 
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula hirsuta。
英名はありません。 
The Primula hirsuta belongs to Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is native to the Europe Alps and the Pyrenees Mountains. This herb grows in screes 2200-3600 m elevation and can reach about 10 cm in height. The leaves are ovate to round and petiolated with toothed edges at the upper-parts of leaf blades. The flowering stalks are borne and bloom pink to red-rose flowers in spring. 
[上・中1] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月19日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中2〜中4] 同上にて、2008年06月19日撮影。(photo Jon Suehiro)
[中5] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年04月02日撮影。
[中6] スイス・ベルン州バッハアルプゼーにて、
2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州メンリッヒェンにて、2013年07月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp