プリムラ・ユリアエ

Primula juliae

小アジアからコーカサス地方に分布しています。林や薮に生え、高さ
は5センチほどで、カーペット状に広がります。葉は円形から心臓形
で、縁が波打ちます。葉柄は赤色です。春に花茎を伸ばし、散形花
序に桃紫色の花を咲かせます。広く普及している「プリムラ・ジュリア
ン(P. juliae hybrid)」の母種です。
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula juliae。
英名はありません。
大阪府河内長野市「大阪府立花の文化園」にて、
2003年02月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp