プリムラ・キューエンシス (矢倉桜) [Index] [Back]

Primula x kewensis

Primula x kewensis

Primula x kewensis

ヒマラヤ周辺が原産のプリムラ・フロリブンダとサウジアラビア原産のプリムラ・ウェルティキラータとの交配種です。1898年にキュー王立植物園で作出されました。高さは45センチほどになります。葉は比較的大きな卵形です。春、2〜4段で輪生状の花序に鮮やかな黄色い花を咲かせます。和名では、「やぐらざくら(矢倉桜)」と呼ばれます。
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula x kewensis。
英名は Kew primrose。
Kew primrose (Primula x kewensis) belongs to the Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial that is a hybrid between Primula floribunda (native of the Himalayas) and Primula verticillata (native of Saudi Arabia). It was bred in the greenhouses of the Royal Botanic Garden at Kew in 1898. This herb can reach about 45 cm in height. The leaves are relatively large ovate. The bright yellow flowers bloom in 2-4 tiers and annular clusters in spring.
イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、2008年03月03日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp