プリムラ・プベスケンス

Primula x pubescens

Primula x pubescens

ヨーロッパのアルプスなどに分布するアウリクラ種(P. auricula)とヒル
スタ種(P. hirsuta)との自然交雑種です。石灰岩地に生え、高さは10
センチほどになります。葉はさじ形から倒卵形でロゼットを形成し、全
体に白粉に被われます。早春に花茎を伸ばして散形花序をつけ、白
色から黄色、ピンク色、赤色、紫色そして褐色などの花を咲かせま
す。数多くの園芸品種も作出されています。
サクラソウ科サクラソウ属の常緑多年草で、学名は Primula x
pubescens。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp