プリムラ・ウィアリイ

Primula vialli

Primula vialli

Primula vialli

Primula vialli

中国の南西部が原産です。穂状花序をつけるユニークな「さくらそう」で、高さは30〜50センチほどになります。湿った土地を好み、群生します。7月から8月ごろ、赤い苞の目立つ紫色からピンクの花を咲かせます。 
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula vialli。
英名は Pagoda primrose、Chinese pagoda primrose。 
Pagoda primrose (Primula vialli) belongs to the Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is native to southwestern China. It is a unique primrose which bearing spikes, and can reach 30-50 cm in height. This herb prefers to wet soil and grows in clumps. The purple to pink flowers with visible red bracts bloom July to August.  
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年03月20日撮影。
[中2・下] 長野県白馬村「白馬五竜高山植物園」にて、
2016年07月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp