プリムラ・ウルガリス

Primula vulgaris

Primula vulgaris

Primula vulgaris

Primula vulgaris

Primula vulgaris

Primula vulgaris

ヨーロッパからコーカサス地方に広く分布しています。林縁や草地などに生え、高さは5〜10センチになります。葉は倒卵形から倒披針形で、不規則な鋸歯があります。春、花茎を伸ばして散形花序に淡黄色の花を咲かせます。
サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、学名は Primula vulgaris。
英名は Common primrose、Primrose。
Common primrose (Primula vulgaris) belongs to the Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is distributed widely to Europe, east to the Caucasus. This herb grows in forest edges or grasslands, and can reach 5-10 cm in height. The leaves are obovate to oblanceolate with irregular serrated edges. The umbels are borne on the developed flowering stalk, and the pale yellow flowers bloom in spring.
[上・中1〜3] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、
2008年04月26日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中4] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2005年04月19日撮影。
[下] クロアチア・プリトヴィッツェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp