プセウデランテムム・ツベルクラツム

Pseuderanthemum repandum ssp. tuberculatum

Pseuderanthemum repandum ssp. tuberculatum

Pseuderanthemum repandum ssp. tuberculatum

Pseuderanthemum repandum ssp. tuberculatum

南太平洋のニューカレドニアが原産です。よく分枝して、卵円形の葉
をつけます。冬から春にかけて、細長い筒状で先端が5裂する白い
花を咲かせます。詳細な情報は見あたりません。
キツネノマゴ科プセウデランテムム属の常緑小低木で、学名は
Pseuderanthemum repandum ssp. tuberculatum。英名はありません。
[上・中1・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中2] 同上にて、2006年01月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp