プセウドフェニックス・ウィニフェラ [Index] [Back]

Pseudophoenix vinifera

Pseudophoenix vinifera

Pseudophoenix vinifera

ヒスパニオラ島(ドミニカ共和国とハイチ)の固有種です。乾燥して開けた丘陵に生え、高さは7〜25メートルになります。分岐しない幹は、直径30〜40センチになります。幹の上部は膨らみ、頂上に向かって一番太くなり、目立つリングがあります。葉は長く、優雅で、羽状に分裂します。樹液は野生からアルコール飲料を作るため収穫されます。 
ヤシ科プセウドフェニックス属の常緑高木で、学名は Pseudophoenix vinifera。英名は Wine palm、Cherry palm。 
Wine palm (Pseudophoenix vinifera) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a tall evergreen tree that is endemic to Hispaniola; the Dominican Rep. and Haiti. This tree grows in dry, open hillsides, and can reach 7-25 m in height. The unbranched stem can be 30-40 cm in diameter. The upper part of the stem is swollen, thickest towards the top and with distinctive rings. The leaves are long, graceful, and pinnate. The sap is harvested from the wild to make an alcoholic beverage. 
アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp