プルサチラ・アピイフォリア [Index] [Back]

Pulsatilla apiifolia

Pulsatilla apiifolia

Pulsatilla apiifolia

Pulsatilla apiifolia

ヨーロッパが原産です。標高900〜2700メートルの山地草原に生え、高さは10〜25センチになります。葉は3出複葉で、小葉は2回羽状に分裂します。全体に毛に被われています。5月から7月ごろ、内側が淡黄色の6個の萼片のある花を咲かせます。
キンポウゲ科オキナグサ属の多年草で、学名は Pulsatilla apiifolia。
英名は Alpine pasqueflower。
Alpine pasqueflower (Pulsatilla apiifoli) belongs to Ranunculaceae (Buttercup family). It is a perennial herb that is a subspecies of Pulsatilla alpina. This occurs in European montane grasslands 900-2700 m elevation and can reach 10-25 cm in height. The leaves are ternate and the leaflets are bipinnatisect. The plant is hirsute. The flowers are hexamerous, inside pale yellow and bloom from May to July.
スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月19日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp