プルモナリア・モンタナ [Index] [Back]

Pulmonaria montana

ヨーロッパの中部から南東部に分布しています。牧草地や湿り気のある林に生え、高さは30〜60センチになります。葉は長披針形で、表面は柔らかい毛で輝き、斑がないか緑色の斑があります。4月から5月ごろ、ピンク色の花を咲かせます。花は漏斗形で、明るい青色に変わります。
ムラサキ科プルモナリア属の常緑多年草で、学名は Pulmonaria montana。英名は Mountain lungwort。
Mountain lungwort (Pulmonaria montana) belongs to the Boraginaceae (the Borage family). It is a perennial herb that is native to central and southeastern Europe. This herb grows in meadows and damp woods, and can reach 30-60 cm in height. The leaves are long lanceolate, shining above with soft hairs, unspotted or green-spotted. The pink flowers bloom from April to May. They are funnel-shaped and tunning bright blue.
クロアチア・プリトヴィッチェ「湖群国立公園」にて、
2012年04月30日撮影。(photo by Aya Nishizawa)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp