プルモナリア・オフィキナリス [Index] [Back]

Pulmonaria officinalis

Pulmonaria officinalis

Pulmonaria officinalis

ヨーロッパが原産です。標高1900メートル以下の、湿りのある明るい林や茂みに生え、高さは15〜25センチになります。夏の葉は心形で、はっきりとした白色の斑があります。3月から5月、集散花序に花を咲かせます。花ははじめピンク色で、青色や青ふじ色に変化します。
ムラサキ科プルモナリア属の常緑多年草で、学名は Pulmonaria officinalis。英名は Langwort。
Common langwort (Pulmonaria officinalis) belongs to Boraginaceae (the Borage family). It is an evergreen perennial herb that is native to Europe. This herb grows in damp open woods and thickes, to 1900 m elevation, and can reach 15-25 cm in height. The summer leaves are cordate and distinctly white variegate. The flowers are pink at first, turning blue or bluish-violet, and bloom in cymes from March to May.
群馬県太田市「アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン」にて、2009年03月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp