プルサチラ・ウェルナリス (春翁草)

Pulsatilla vernalis

Pulsatilla vernalis

Pulsatilla vernalis

Pulsatilla vernalis

Pulsatilla vernalis

Pulsatilla vernalis

Pulsatilla vernalis

Pulsatilla vernalis

ヨーロッパのアルプスやカラパチア山脈、ピレネー山脈、バルカン半
島に分布しています。標高1300〜3600メートルの草地に生え、高
さは10〜15センチになります。全体に長い絹毛に被われ、葉は羽
状に深裂します。春、茎頂に紫色の花を咲かせます。花弁のように
見える萼片が6個あり、外側はビロード状です。和名では、英名の直
訳で「はるおきなぐさ(春翁草)」と呼ばれます。
キンポウゲ科オキナグサ属の多年草で、学名は Pulsatilla vernalis
(syn. Anemone vernalis)。英名は Spring pasque flower, Spring
anemone。
Spring pasque flower (Pulsatilla vernalis) belongs to Ranunculaceae
(the Buttercup family). It is a perennial herb that is distributed to Europe
Alps, Carpathian, Pyrenees Mountains and Balkan Peninsula. This herb
grows in grasslands 1300-3600 m elevation and can reach 10-15 cm in
height. The whole plant is covered with long silky hairs and the leaves are
deep pinnately. The purple flowers appear on the stem apices in spring.
They have six petaloid sepals that are covered with velvety hairs on
outsides.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年12月07日撮影。
[中2] 同上にて、2006年01月25日撮影。
[中3] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月19日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中4〜中6] 同上にて、2008年06月19日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp