ピローラ・アサリフォリア [Index] [Back]

Pyrola asarifolia

Pyrola asarifolia

Pyrola asarifolia

北アメリカの西部、アラスカ州からカリフォルニア州北部に分布しています。湿り気のある林縁に生え、高さは10〜40センチになります。葉はいくつかがロゼット状に根生し、円形から楕円形または倒卵形で、全縁または著しく小さな鋸歯があります。6月から8月ごろ、ピンク色から紅色または紫赤色で、俯きかげんの花を長い花序に咲かせます。果実は円形の刮ハです。
イチヤクソウ科イチヤクソウ属の常緑多年草で、学名は Pyrola asarifolia。英名は Liverleaf wintergreen、Pink wintergreen。
Liverleaf wintergreen (Pyrola asarifolia) belongs to the family Pyrolaceae. It is an evergreen herb that is native to western North America, from Alaska south to northern California. This herb grows in moist forest margins, and it can reach 10-40 cm in height. The leaves are several in a basal rosette, round to elliptic or obovate, with entire to noticeably small-toothed edges. The pinkish to rose or purplish-red, nodding flowers bloom in an elongated cluster from June to August. Thee fruits are round capsules.
アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp