バレリアナ・アクティロバ [Index] [Back]

Valeriana acutiloba

Valeriana acutiloba

アメリカの西部、オレゴン州からモンタナ州、南へはカリフォルニア州からニューメキシコ州に分布しています。亜高山帯の岩の多い斜面や草地に生え、高さは10〜60センチになります。根生葉は倒卵状さじ形から長楕円形または卵形でほとんど分裂しません。また茎葉は大部分が羽状に分裂します。6月から7月ごろ、茎頂の花序に小さな白色の花を咲かせます。果実は稜のある痩果で、長さは3.5〜5.5ミリです。
オミナエシ科カノコソウ属の多年草で、学名は Valeriana acutiloba。
英名は Sharpleaf valerian。
Sharpleaf valerian (Valeriana acutiloba) belongs to the family Valerianaceae (the Valerian family). It is a perennial herb that is native to western United States, from Oregon east to Montana south to California and New Mexico. This tree grows in subalpine rocky slopes or meadows, and it can reach 10-60 cm in height. The basal leaves are obovate-spatulate to oblong or ovate, mostly undivided, and the cauline leaves are mostly pinnatifid. The small white flowers bloom in a top cluster from June to July. The fruits are achenes, ribbed, 3.5-5.5 mm long.
アメリカ・コロラド州ユーレイ市にて、2010年07月05日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp