バレリアナ・スピナ [Index] [Back]

Valeriana supina

ヨーロッパが原産です。高山帯の雪田などに生え、高さは1〜5センチになります。基部の葉は円状へら形で短い葉柄があり、茎葉は披針形です。夏の終わりに小さなピンク色の花を咲かせます。
オミナエシ科カノコソウ属の多年草で、学名は Valeriana supina。
英名は Dwarf valerian。
Dwarf valerian belongs to Valerianaceae (Valerian family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb occurs in alpine snow patches and can reach 1-5 cm in height. The basal leaves are orbiculate-spatulate with short petioles, the cauline leaves are lanceolate. The small pink flowers come in late summer.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp