バンダ

Vanda cv.

Vanda cv.

Vanda cv.

東南アジアを中心にインドやオーストラリア北部にも分布しています。およそ70種ほどの原種があります。偽鱗茎はなく、一つの茎から多くの気根を伸ばし、樹木や岩の上に着生します。花弁に網目模様が入るのが特徴で、園芸品種も数多く作出されています。属名は、サンスクリット語で「着生植物」を表す言葉から。 
ラン科ヒスイラン属の常緑多年草で、学名は Vanda sp.(属の総称)。
英名は Vanda orchid。 
The Vanda orchid (Vanda sp.) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is an evergreen herb that is distributed mainly to South-eastern Asia, as well as India and northern Australia. There are about 70 oeiginal species. It has not a pseudo-bulb. This herb bears many aerial roots from solitary stem and grows on trees or rocks. It is characterized by net patched petals. The numerous cultivars have been selected. The ganus name "Vanda" is derived from Sanskrit "vandaka" (parasitical plant). 
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年03月19日撮影。
[中] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年12月07日撮影。
[下] 沖縄県沖縄市にて、2017年06月04日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp