バンダ

Vanda cv.

Vanda cv.

東南アジアを中心にインドやオーストラリア北部にも分布しています。
およそ70種ほどの原種があります。偽鱗茎はなく、一つの茎から多
くの気根を伸ばし、樹木や岩の上に着生します。花弁に網目模様が
入るのが特徴で、園芸品種も数多く作出されています。属名は、サン
スクリット語で「着生ラン」や「ヤドリギ」を表す言葉から。
ラン科ヒスイラン属の常緑多年草で、学名は Vanda sp.(属の総称)。
英名は Vanda orchid。
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年03月19日撮影。
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年12月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp