バニラ

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans

Vanilla fragrans
メキシコの南部と西インド諸島が原産です。熱帯雨林の高木に節からの気根で着生し、10メートル以上に伸びます。葉は楕円形で肉厚です。花は一日花で、淡黄色のトランペット形をしています。果実は細長いマメの莢のような形で、熱処理した後、発酵させたものがバニラ豆と呼ばれる香料になります。 
ラン科バニラ属の常緑多年草で、学名は Vanilla fragrans。(syn. Vanilla planifolia)英名は Common vanilla。 
The Common vanilla (Vanilla fragrans) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to south Mexico and the West Indies. This herb is a vine, grows in rainforests and grows by climbing over tall tree up to 10 m long. The leaves are elliptic and thick. The flower is pale yellow, trumpet-shaped and lasts about one day. The fruit is a long seed pod and used for aroma. The vanilla beans are made by fermentation after boiling. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年04月28日撮影。
[中5] 同上にて、2003年12月13日撮影。
[中4] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。
[中6] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。
[中7〜中9] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2013年09月29日撮影。
[中10・中11] 同上にて、2015年02月01日撮影。
[中12・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp