フェルトハイミア・カペンシス

Veltheimia capensis

Veltheimia capensis

Veltheimia capensis

Veltheimia capensis

Veltheimia capensis

南アフリカが原産です。ユーコミス属とシャグマユリ属との属間交雑
種のように見えます。茎はユーコミス属(Eucomis)に似たえび茶色の
斑点があり、波状の葉は大きく多肉質で、明るい緑色です。花は、
シャグマユリ属(Kniphofia)と同じ赤みがかったピンク色の筒状花で、
雄しべが突きだします。春に咲き、夏の間、地上部は枯死して休眠し
ます。
ユリ科フェルトハイミア属の多年草で、学名は Veltheimia capensis。
英名は Veltheimia。
Veltheimia capensis belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a
perennial herb that may be a intergeneric hybrid between the Eucomis
genus and the Kniphofia genus. The stems have Eucomis-like, maroon
mottles and the wavy leaves are large, carnose, and bright green. The
flowers are Kniphofia-like, reddish pink, tubular, and the stamens protrude
from the corolla. The terrestrials are blighted and diapause during the
summer.
[上・中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中2] 同上にて、2006年01月06日撮影。
[中3] アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。
[下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp