バーベナ・ハスタータ

Verbena hastata

Verbena hastata

Verbena hastata

北アメリカの東部に分布しています。湿地や草地、やぶなどに生え、
高さは60〜180センチになります。茎には4稜があり、葉は披針形
から披針状長楕円形で対生します。7月から9月ごろ、茎の先に穂状
花序をだし、淡い青紫色の花を咲かせます。別名で「ブルーバーベイ
ン」とも呼ばれます。葉はハーブティーなどに利用されます。
クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草で、学名は Verbena hastata。
英名は Blue vervain。
Blue vervain belongs to Verbenaceae (Verbena family). It is a perennial
herb that is native to eastern North America. This herb occurs in swamps,
grasslands or scrubs and can reach 60-180 cm in height. The stem is
quadrangular. The leaves are lanceolate to lanceolate-oblong and opposite.
The spikes ate borne on the stalks and bloom pale bluish-purple flowers
from July to September. The leaves are used for herbal teas.
[上・中] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[下] 岐阜県郡上市「ひるがの高原」にて、2002年06月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp