バーベナ・テヌイセクタ (唐草花笠)

Verbena tenuisecta

Verbena tenuisecta

Verbena tenuisecta

南アメリカが原産です。現在では北アメリカをはじめ各地に帰化して
います。高さは15〜30センチですが、茎は地面を這い、長さは90
〜180センチになります。葉は羽状に細かく分裂して対生します。英
名はこの葉の形状から。春から秋まで、茎頂に散形花序をつけ、小
さな紫色からピンク色、白色の花を咲かせます。和名では「カラクサ
ハナガサ(唐草花笠)」と呼ばれます。
クマツヅラ科クマツヅラ属の常緑多年草で、学名は Verbena
tenuisecta。英名は Moss verbena。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年10月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp