ビグナ・カラカラ [Index] [Back]

Vigna caracalla

Vigna caracalla

Vigna caracalla

Vigna caracalla

Vigna caracalla

Vigna caracalla

Vigna caracalla

Vigna caracalla

南アメリカの熱帯地方が原産です。蔓性で、条件が良ければ6〜8メートルの長さになります。下垂した総状花序に、芳香のあるうす紫色の蝶形花を咲かせます。旗弁は卵形で、組み合わさった2個の竜骨弁は「かたつむり」の殻のように強くねじれています。以前は、「ファセオルス・カラカラ」と呼ばれていました。英名では「スネイルフラワー」あるいは「スネイルバイン」と呼ばれます。
マメ科ササゲ属の多年草で、学名は Vigna caracalla(syn. Phaseolus caracalla)。英名は Snail flower、Snail vein。
The snail flower (Vigna caracalla) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native to tropical South America. This herb is vein and can reach 6-8 m in length under good conditions. The fragrant lavender papilionaceous flowers are borne in pendant racemes. The flag petal is ovate and the keel petals are strongly curled like a snail's shell.
[上・中1〜3] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2009年11月15日撮影。
[中4・中5] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、
2009年11月14日撮影。
[中6・下] 同上にて、2010年01月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp