ビオラ・アレクサンドロウィアナ

Viola alexandrowiana

Viola alexandrowiana

Viola alexandrowiana

Viola alexandrowiana

ロシアのシベリア地方、バイカル湖周辺のイルクーツク州およびブリヤート共和国に分布しています。草地や岩礫地などに生え、高さは5〜10センチになります。葉は卵形から長楕円形で葉柄があり、縁には鈍鋸歯があります。春に花茎を伸ばして薄紫色の花を咲かせます。 
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola alexandrowiana。
英名はありません。 
Viola alexandrowiana belongs to the Violaceae (the Violet family). It is a perennial herb that is native to around the Baikal; Irkutsk Oblast and the Republic of Buryatia. This herb grows in grasslands or screes and it can reach 5-10 cm in height. The leaves are ovate to obling with petioles and obtuse serrated edges. The pale purple flowers bloom atop of flowering stalks in spring. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。
[中1] 同上にて、2006年04月13日撮影。
[中2・下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp