ビオラ・パルストリス [Index] [Back]

Viola palustris

Viola palustris

Viola palustris

Viola palustris

Viola palustris

Viola palustris

ユーラシア大陸の北部それに北アメリカ北部に分布しています。湿り気のある草原や湿地、川岸などに生え、高さは3〜10センチになります。葉はロゼット状に根生し、腎円形で葉柄があります。花はひとつだけで俯き、5月から6月ごろに咲きます。側弁にはわずかに顎ひげがあります。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola palustris。
英名は Marsh violet。
Marsh violet (Viola palustris) belongs to the family Violaceae (the Violet family). It is a perennial herb that is native to northern Eurasia and northern North America. This herb grows in moist meadows, marshes, and streambanks, and it can reach 3-10 cm in height. The leaves are basal rosette, kidney-shaped, and stalked. The flowers are solitaly, nodding, and bloom in May to June. The lateral petals are lightly bearded.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp