ビオラ・リウィニアナ [Index] [Back]

Viola riviniana

Viola riviniana

ユーラシア大陸およびアフリカに分布しています。森林の背や草地、日陰のある生垣の土手などに生え、高さは5〜20センチになります。葉は広心形からほとんど腎形で、ロゼット状に根生し、互生で柄があります。4月から6月ごろ、青紫色の花を咲かせます。下唇には目立つ脈があり、距の色は花弁よりも薄いです。葉や花は食べられます。 
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola riviniana。
英名は Common dog-violet。 
Common dog-violet (Viola riviniana) belongs to the Violaceae (the Viola family). It is a perennial herb that is native to Eurasia and Africa. This herb grows in woodland ridges, grassland and shady hedge banks, and it can reach 5-20 cm in height. The leaves are widely cordate–almost kidney-shaped, basal rosette, alternate and stalked. The blue-violet flowers bloom from April to June. The lower lip has prominent veins and its spur is lighter in color than the petals. The leaves and flowers are edible. 
[上] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] イギリス・スコットランド・ベンカウワーズにて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp