ビタミンな (ビタミン菜) [Index] [Back]

Brassica campestris cv. Vitamin-na

Brassica campestris cv. Vitamin-na

Brassica campestris cv. Vitamin-na

Brassica campestris cv. Vitamin-na

1954年に島根県農業試験場で育成された「つけな(漬け菜)」の一種です。「おおさかしろな(大阪白菜)」と「ターサイ(搨菜)」との交配種で、ビタミンAの含有量が多いという特徴があります。葉は濃緑色でやわらかく、抽苔も遅くて、耐寒性や耐病性に優れた、栽培しやすい品種です。漬け物や煮物、お浸し、油炒め、みそ汁の具などに利用できます。また2003年には、この「ビタミン菜」と「ブロッコリー」を交配させた「あすっこ」という品種も作出させています。
アブラナ科アブラナ属の多年草で、学名は Brassica campestris cv. Vitamin-na。英名はありません。
"Vitamin-na" (Brassica campestris cv. Vitamin-na) belongs to Brassiaceae (the Mustard family). It is a biennial herb and a hybrid vegetable for pickle between "Oosaka-shiro-na" and "Chinese flat cabbage". This hybrid was raised by Shimane Prefectural Agricultural Experimental Station in 1954. It is defined by high Vitamin A content. This species has bolting, cold and disease tolerance. The leaves are dark-green and tender, and used for pickle, steamed food, boiled green and stir-fry.
[上・中1] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年12月19日撮影。
[中2] 千葉県香取市大角にて、2010年05月25日撮影。
[下] 同上にて、2010年05月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp