ホワイトサポテ [Index] [Back]

Casimiroa edulis

Casimiroa edulis

Casimiroa edulis

Casimiroa edulis

Casimiroa edulis

メキシコから中央アメリカが原産です。高さは5〜15メートルになります。葉は掌状複葉で、卵形から披針形の小葉が3〜7個つきます。冬に総状花序をだし、緑色を帯びた花を咲かせます。果実は、直径7.5〜10センチの球形で、黄緑色に熟します。果肉はクリーム色から淡い黄色で甘味が強く、食用になります。
ミカン科シロサポテ属の常緑高木で、学名は Casimiroa edulis。
英名は White sapote。
White sapote (Casimiroa edulis) belongs to Rutaceae (Citrus family). It is an evergreen tall tree that is native to eastern Mexico and Central America. This tree can reach 5-15 m in height. The leaves are palmately compound with 3-7 ovate to lanceolate leaflets. The racemes are borne and bloom greenish flowers in winter. The fruits are round 7.5-10 cm in diameter and ripen in yellowish green. The flesh is creamy white to pale yellow, strong sweet and edible.
[上・中1] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中2・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年10月13日撮影。
[下] 同上にて、2006年03月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp