カカオのき (カカオの木)

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

Theobroma cacao

熱帯アメリカが原産です。高さは10メートルほどになり、枝先に楕円形の葉をたくさんつけます。小さな白い花は周年開花し、直接、葉腋や幹につく幹生花です。開花後、半年ほどすると「カカオポッド」と呼ばれる果実になり、このなかにカカオ豆が入っていて、チョコレートやココアの原料になります。
アオギリ科カカオノキ属の常緑小高木で、学名は Theobroma cacao。
英名は Cacao。
Cacao (Theobroma cacao) belongs to the family Sterculiaceae. It is a semi-tall evergreen tree that is native to tropical America. This tree can reach about 10 m in height, and bears many elliptic leaves on the terminal branches. The flowers are small, white, cauliflorous and bloom year around. The fruits are called "Cacao pods", and the seeds are used as a raw material for chocolate and cocoa.
[上・中1] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中7〜8・下] 同上にて、2012年10月27日撮影。
[中2・中6] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中4] 同上にて、2004年12月07日撮影。
[中5] 同上にて、2006年03月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp