カリカルパ・ギラルディイ [Index] [Back]

Callicarpa giraldii var. giraldii

Callicarpa giraldii var. giraldii

中国の中・南部、江蘇省から雲南省に分布しています。標高200〜3400メートルの混合樹林に生え、高さは3メートルほどになります。小枝には黄灰色の星状毛があります。葉は披針状長楕円形から広楕円形です。5月から6月ごろ、葉腋に集散花序をだし、小さな薄紫色の花を咲かせます。果実は丸く、秋に紫色に熟します。中国名は「老鴉糊(Lao ya hu)」です。
クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で、学名は Callicarpa giraldii var. giraldii (syn. Callicarpa bodinieri var. giraldii, Callicarpa giraldiana)。英名はありません。
Callicarpa giraldii var. giraldii belongs to Verbenaceae (Verbena family). It is a deciduous small tree that is native to central and southern China; westward from Jiangsu to Yunnan. This tree occurs in mixed forest 200-3400 m elevation and can reach about 3 m in height. The branchlets are covered with gray-yellow stellate tomentose. The leaves are lanceolate-oblong to broad-elliptic. The cymes are borne on the axiles and bloom small pale purple flowers from May to June. The fruits are round and ripen in purple in fall.
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2007年11月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp