カリアンドラ・ハエマトケフェラ

Calliandra haematocephala

Calliandra haematocephala

Calliandra haematocephala

Calliandra haematocephala

Calliandra haematocephala

Calliandra haematocephala

Calliandra haematocephala

Calliandra haematocephala

ボリビア、ペルーそれにブラジルが原産です。高さは2〜3メートル
になり、沖縄県でも植栽されています。12月から3月ごろ、赤色の長
い雄しべが目立つ「ねむのき」に似た花を咲かせます。別名で、「あ
かばなぶらしまめ(赤花ブラシ豆)」とも呼ばれます。
マメ科ベニゴウカン属の常緑低木で、学名は Calliandra
haematocephala。英名は Red powder-puff。
Red powder-puff (Calliandra haematocephala) belongs to the Fabaceae
(the Pea family). It is a small evergreen tree that is native to Bolivia, Peru
and Brazil. This tree can reach 2-3 m in height. It is planted in Okinawa
prefecture. The mimosa-like flowers bloom from December to March.
They have long red stamens that are protruded from the corolla.
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年03月03日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年02月04日撮影。
[中3・中4] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。
[中5〜6・下] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2009年11月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp