カラテア・インシグニス

Calathea insignis

Calathea insignis

ニカラグアからエクアドルに分布しています。日陰に生え、自生地で
は高さが1.5メートルほどになります。葉は細長くて直立し、先端が
尖ります。表面には矢羽根のような模様があり、裏面は濃い紫色を
しています。根元に白い花が咲きます。別名で「カラテア・ランキフォ
リア(C. lancifolia)」とも呼ばれます。
クズウコン科カラテア属の常緑多年草で、学名は Calathea insignis。
英名は Rattlesnake plant。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年02月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp